HOME»  <コラム>知っておきたいがんの知識

「がん」について

 

現在の日本人は2人に1人は何らかの「がん」にかかると言われ、誰でもなる可能性がある身近な病気です。
※国立がん研究センターがん対策情報センター「がん登録・統計」より


禁煙や食生活の見直し、運動不足の解消などによってなりにくくする(予防する)ことができる病気です、
しかし予防を心がけていても「がん」にならないようにすることはできません。

「がん」とは遺伝子が傷つくことによって起こる病気です、人から人に感染することはありません。

一部ウイルス感染が背景にある場合がありますが「がん」になるまでにはさまざまな要因が長い年月にわたって関係しています。


多くの場合、治療を開始するまでには時間がかかります、正確に診断するためには詳しい診察と検査が必要だからです。
治療では治療の効果を最大限に得ることと同時に体への負担を最小限にすることが重要です。